誹謗中傷対策では泣き寝入りだけはしてはなりません

証拠を残しておきましょう

誹謗中傷と言っても、ネット上のものと現実のものがあります。ネット上では、ブログや掲示板に実名を晒され、悪口やウソの情報を書き込まれる行為、現実の世界では悪質なビラの配布や、電話での言いがかりなどを付けられる行為が誹謗中傷と呼ばれるものに分類されます。不愉快ですがそれらは後に、被害届や裁判での証拠に役立ちますので、プリントアウトやビラの回収、録音などをして証拠として残しておくようにしなければなりません。

相手に警告を与えましょう

ネット上で誹謗中傷の被害を受けた時には、相手が不特定多数であっても必ず警告を発しましょう。大抵の人はそれで誹謗中傷は辞めるはずです。誹謗中傷というのは、最初の一人が行い、それに便乗して他の人が面白半分で書き込むケースが大半です。後者の人たちは犯罪行為と気付けば早々に手を引きます。それでも続ける人は、何をやっても手を引かないでしょう。このタイミングで警察に相談しておけば、後に相手にダメージを与え易くなります。

今後の為にも犯人を特定しましょう

誹謗中傷に警告を出したにもかかわらず、やめてくれない人には法律で対抗しましょう。まずは集めた証拠と警察に行った既成事実を持って弁護士に相談しましょう。弁護士はネット判事に特化した先生が望ましいので、近所の弁護士さんに気軽に相談するのではなく、しっかりと探しましょう。誹謗中傷をしている人は辞めなかったことが仇となり早々に特定されます。相手には名誉棄損罪、侮辱罪、業務妨害罪の罪が下りますのでしっかりと罪を償ってもらいましょう。

2ちゃんねる削除を依頼するときは決して慌てずに、掲示板のルールやガイドラインを改めて確認することが大事です。